フィリピン留学おいて留意すべきこと

フィリピン留学において留意しなければならない点は、ここで話されている英語はアメリカやイギリスで話されている英語と少し違うということです。


フィリピン留学はコストを削減できるという点でとても魅力的であり、積極的に促進されるべきものですが、そういった相違点だけは留意して、それがどんな違いをもたらしうるのかということを理解しておく必要があります。



そもそも英語を含む言語というのはコミュニケーションを行うためのツールであり、ストレスなく意思疎通を行うことができればそれで十分なものです。

英語を例にとってみると、英語を母国語とする代表的な国としてアメリカ、イギリス、オーストラリアがありますが、しばしば、米語、イギリス英語、オーストラリア英語などと呼ばれるように、それぞれの国で独特の発音があります。
さらに、それぞれの国内でも地域差があることから、英語はある意味で多種多様な言語の1つです。



そういった状況にあるため、英語をネイティブとする人は多様な英語にも堪えうる耳を持っていることがほとんどであり、その1つを話すことができれば大したストレスもなくコミュニケーションをとることが可能です。



したがって、フィリピン留学を積極的に行って、フィリピン風の英語が身についたとして、それが原因となって意思疎通に障害が生じたり、齟齬が生じたりすることは心配する必要はありません。
コミュニケーションのスキルとしてフィリピンで英語力を鍛えればそれが十分に役立つのです。