フィリピン留学が語学習得に適している理由

語学習得を目指して留学するというのは良い選択肢であり、それによって得られるものは単純な会話能力だけではなく、国際的な場所での体験という代え難いものもあります。

海外であればどこであってもそういった経験を積むことは可能であり、特に語学習得の中でも英語の習得を目指すのであれば近隣国であるフィリピン留学を考えるのも1つの方法です。

欧米に留学するのとは異なり、渡航に時間がかからないだけではなく、渡航費や滞在費も大きく削減することが可能です。



これは東南アジア地域では物価が安いため、人件費も食費も全てが低く設定されているからです。



このように、欧米に行くよりも気軽に行けるのがフィリピンであり、フィリピン留学を行うメリットとして最大の要因がその容易さにあります。



しかし、それに加えて重要な点が、フィリピンでは英語のみが話されているのではないという点です。

タガログ語も話されていることから、人によって得手不得手があり、英語を得意とする人もいれば得意としない人もいます。
そのため、完全にネイティブなひととネイティブでない人が混在しており、ネイティブでない人の気持ちがわかる国がフィリピンです。

したがって、フィリピン留学によって語学習得を考えると、相手が英語に慣れていないと判断されたときに誰もがどうコミュニケーションをとったらよいかを経験しているため、まだ英語が初心者のうちでも意図を汲んでくれたりする可能性が高いという特徴があります。

このため、気持ちの上でも気軽に留学に行けるのがフィリピンなのです。