安いWifiを使って通信量を抑える

  • Wifiは通信容量に制限があるから安い

    • Wifiが工事が必要な有線回線と比較して魅力的なのは、非常に安いプランが提供されているという点にあります。一般的に、有線回線は非常に高速な通信を実現することができる一方で、通信にかかる費用が一律で決まっているというデメリットがあります。

      工事を行うときには3万円程度の費用が必要になりますし、プランを利用する際には4000円程度のお金が月額で必要になります。つまり、割高になってしまう可能性があるわけです。
      有線回線がこのようにWifiと比較して割高なのは、通信料が無制限になっているからです。

      自分でプランを決めるのではなく、あらかじめ多くのデータ受信を行っても無制限になっていますので、お金が必要になります。
      一方で、Wifiに関しては通信容量に制限が存在するという違った特徴が存在します。

      通信環境を自分で設定して必要な分だけ設定できると考えれば、普段からあまりインターネットを使わない人にとっては非常に使いやすいサービスといえます。



      現実的にも、このような通信制限の存在するWifiのサービスでは、最低の月額料金で1000円程度のものも存在します。



      非常に安いため、用途によって使い分けられることは非常に良いメリットだといえます。



      生活をしていく中でより多くの通信を行うとわかった時には、あとからプランの変更をして安い料金から相応のものに変化すれば良いだけです。
      そのため、Wifiのサービスは柔軟性があってユーザーにとっても利用しやすいサービスといえます。