犯罪被害者や家族のための無料の法律相談

弁護士による法律相談というのは、離婚、交通事故、借金、相続などの一般的なことがらにも対応していますが、犯罪の被害に遭った人やその家族のためには、特別な場が用意されています。



原則として地方裁判所の管轄エリアには、その地域の弁護士会が置かれていますが、こうした弁護士会では、犯罪被害者支援センターとよばれる組織を設けています。



センターでは、犯罪被害者などを対象として、無料での法律相談を受け付けており、担当の弁護士を置いていますので、もし何らかの法律上の心配ごとや疑問点がある場合には、このような組織を利用するのがよいでしょう。



センターでは犯罪被害であれば全般的に対応していますが、典型的な例を挙げるとすれば、殺人や傷害などの生命・身体に関する犯罪、強制わいせつなどの性犯罪、脅迫や名誉毀損などの自由に対する犯罪、ストーカー行為やドメスティック・バイオレンス、詐欺などの財産に関する犯罪などといったものがあります。



センターでの法律相談を受けたい場合には、事前に電話などで予約をして日時を決めておき、本人や家族が直接担当の弁護士と面会をすることになります。



相談する内容はさまざまですが、今後の裁判などの手続きの流れについて知りたい、加害者を告訴したい、加害者の不起訴に対して納得できない、加害者に損害賠償の請求をしたい、裁判に被害者として参加できる制度はあるか、などがよく法律相談の話題としてのぼるケースといえます。



関連リンク

民事・家事当番弁護士制度による法律相談

刑事事件の被疑者として警察に逮捕されている人が、弁護士と即座に面会をして、早期の釈放を含め、みずからの権利を擁護することができるようにするための制度として、地域の弁護士会による当番弁護士制度があることはよく知られているところです。しかし、世の中には刑事事件だけではなく、借金の支払いをめぐって業者から訴えられたとか、離婚をめぐって配偶者から調停の申出があったといった、民事事件の当事者とされてしまうことも珍しくはありません。...

more

架空請求に関する法律相談

最近新聞などで話題となっている法的トラブルとして、郵便などで見ず知らずの業者からいきなり多額の支払いを求める請求が来たというものがあります。ハガキで特定の銀行口座に振り込むように指示が来たというのであれば、架空請求であることが疑われます。...

more