法律相談に必要な料金

離婚、相続、交通事故などのさまざまなトラブルについて、法律上の観点から、解決に向けての適切なアドバイスを得ることができるのが、法律の専門家である弁護士による法律相談です。



地域にある弁護事務所に電話でアポイントメントを取った上で、当日は30分から1時間程度の間で弁護士に直接面会し、本人などがトラブルの内容をくわしく説明した上で、その場で弁護士からのアドバイスを得るというのが一般的な流れといえます。



個別の弁護士事務所のほか、都道府県庁や市町村役場などでも、定期的に弁護士相談が開催されていること多く、多重債務や交通事故の損害賠償をめぐるトラブルなどの典型的な事例については、曜日を指定したテーマごとの特別な機会を設けていることもあります。



こうした法律相談の際に必要となる料金ですが、基本的に行政機関が行うものは無料であるケースが多いものの、無料であるだけに予約が殺到しており、数か月待ちということもあるようです。



個別の弁護士事務所に申し込む場合については、かつては地域の弁護士会で報酬基準というものを定めており、その基準にしたがった運用が行われていましたが、現在は報酬が自由化されているため、弁護士事務所によって異なるというのが実情です。



ただし、社会的使命の大きな法律相談の料金が不当に高くなるということはなく、一般には昔の基準を踏襲して、1回あたり5千円から1万円程度の範囲におさまっていることがほとんどであるといえます。



関連リンク

民事・家事当番弁護士制度による法律相談

刑事事件の被疑者として警察に逮捕されている人が、弁護士と即座に面会をして、早期の釈放を含め、みずからの権利を擁護することができるようにするための制度として、地域の弁護士会による当番弁護士制度があることはよく知られているところです。しかし、世の中には刑事事件だけではなく、借金の支払いをめぐって業者から訴えられたとか、離婚をめぐって配偶者から調停の申出があったといった、民事事件の当事者とされてしまうことも珍しくはありません。...

more

法律相談に必要な料金

離婚、相続、交通事故などのさまざまなトラブルについて、法律上の観点から、解決に向けての適切なアドバイスを得ることができるのが、法律の専門家である弁護士による法律相談です。地域にある弁護事務所に電話でアポイントメントを取った上で、当日は30分から1時間程度の間で弁護士に直接面会し、本人などがトラブルの内容をくわしく説明した上で、その場で弁護士からのアドバイスを得るというのが一般的な流れといえます。...

more